シェアする

[Alexandros](アレキサンドロス)のwiki風まとめ!メンバーやおすすめの人気曲は?

シェアする

[Alexandros]について

出典:Alexandros – ウィキペディアTwitter

メンバー

川上洋平:Vo&Gt
磯部寛之:Ba&Cho
白井眞輝:Gt
庄村聡泰:Dr

経歴

2001年に川上洋平が青山学院大学にてバンドを結成。2010年に現メンバーとなる。
2014年3月28日に武道館ライブの最中にバンド名を[Champagne]から[Alexandros]へと改名する事を発表した。
理由はシャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)日本支局からの要請を受けたことによる。
また、これまで[Champagne]名義で販売されていた作品も全て[Alexandros]名義に変更されて再発売されている。
バンド名の[Champagne]には【そこに居るお客さん、スタッフさん、自分達、全ての人達に音のアルコール分が行き渡り、「音」に酔って欲しい】という思いが込められている。
しかし、これは後付けであり、元々の由来はOasisの「Champagne Supernova」から拝借している。
川上がシリア在住時代に組んだバンド名が既に[Champagne]であった。
[Alexandros]というバンド名で[ ]をつけた理由はロゴをラベルのようにしたかったためということと、
またこれも後付けの理由として、「格好つける」「括弧つける」を掛けている、というものがある。

個人的には[Champagne]ってバンド名の方が好きだったのですが、大人な事情で改名しています。

メンバーは改名を肯定的にも捉えているようで、何かのTV番組で見た際、アルファベットのAは1番最初にくるからCDが並んだとき、より多くの人の目に留まってもらえるようになるって言ってました(記憶曖昧です)。

Wikipediaにも書いてある通り、ボーカルの洋平さんは海外に住んでいた帰国子女だそうで、英語の発音ネイティブで曲の歌詞も英語多めです!ちなみにシリアに在住していたのは、9歳~14歳の頃だそうですよ。

洋平さんのファンからのあだ名ですが、[Champagne](シャンペイン)から文字ってようぺいん・ようぺって呼ばれているらしいです!

現在のバンド名[Alexandros]の愛称はドロスで、メンバー間でもドロスと呼んでいるそうです!アレキっていう人もいますが、筆者も呼び方はドロス派です!

おすすめの理由とは?

  1. 英語と日本語のリズム

    ボーカルの洋平さんと、ベースの磯部さんどちらも海外に在住していたこともあり、曲のリズムや歌詞のつなぎ方など、要所要所で、その影響が現れています!英語と日本語が絶妙なリズム間でバランスを保っていて、聴いていて気持ちよく感じる人が後をたたないのではないでしょうか!

  2. ハイトーンボイスとロックサウンド

    ボーカルの洋平さんの甘いハイトーンボイスと、それらを支える力強いロックサウンドが魅力だと思います!またロックソングだけでなく、囁くようなバラードソングでも彼の歌声は優しく心地良いです。

  3. ハングリー精神の高さ

    ドロスの目指しているのは世界で活躍するようなバンドになることであり、イギリスのグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが目標だそうです!彼らの将来のビジョンには海外進出がしっかりと見定められています!その向上心の高さが人を惹きつけるのではないでしょうか!

おすすめの曲

Run Away


Run Away[Alexandros]
ロック
¥200

キーボードのエレクトロなサウンドを重ねた、疾走感をのあるロックソングです!

タイトルRun Awayは直訳すると逃げ出せですが、はみ出す、暴走するなどの意味もあり、歌詞の内容もこの様な展開を見せています。

また、洋平さんがシリアから帰国た際に目立ちたがりで、自分の意見をしっかり通そうとする性格が日本では受け入れられず、それでも自分を貫いていった様子を描いているそうです。

Kick&Spin


Kick&Spin[Alexandros]
ロック
¥200

アップテンポなサウンドに英語で早口な歌い方といった、ドロスらしさの出ている曲です!

タイトルのkick&spinには、洋平さんのどれだけ辛い事があっても蹴り回して生きていくっていう意味が込められています!

曲の内容ですが、頂上と底辺を味わったという勝負事の難しさを歌っています。

また、自信を持って進んできた自分たちが中々売れないことを意識していて、それでも絶望したって何度だって立ち上がってやるんだっていうメッセージが込められているのではと感じられます。

Dracula La


Dracula La[Alexandros]
J-Pop
¥250

つい口ずさみたくなるような、キュートでポップでキャッチーな曲です。

歌詞の

「She is lady with a smile いつも笑ってる」

「我慢している all of the time」

のあたりが、日本語と英語のリズム感が絶妙!歌詞は女性目線で、興味がないように見えて本当は…って感じですかね!?

まとめ

[Alexandros]について紹介しましたー!

  • ハイトーンボイスとロックサウンド
  • 英語と日本語からくるリズム感
  • 20代後半になり、注目されるようになった
  • 苦労や努力があったからこその現在の姿がある
  • 様々な事を糧に精力的な活動をしてる
error: Content is protected !!