シェアする

感覚ピエロwiki風まとめ!メンバーとボーカル横山について!人気曲は?歌詞がエロい!?

シェアする

感覚ピエロについて

出典Twitter


感情を揺さぶるようなエモーショナルロックを奏でるバンドです!

感覚ピエロはレコーディングのミックスマスタリングアルバムのアートワークなど全て自主制作をしています。どこのレーベルマネジメント会社にも所属しておらず、全て自分たちだけで手がけているバンド!!今まで全ての事を自分たちだけでやれるようなバンドっていなかったんじゃないかな?プロデュースから製作まで自分たちで方向性を定め、ブレずに突き進んでいくそんなバンドって今まであったでしょうか?何か凄い!!

メンバー

出典感覚ピエロ公式サイトWikipedia

横山 直弘(よこやま なおひろ)[Gt&Vo]

出典Twitter

1992年5月30日- 、作詞作曲、レコーディング・エンジニア担当。北海道岩見沢市出身。立命館慶祥中学校・高等学校、立命館大学理工学部卒業。好きなボーカリストはスガシカオ、椎名林檎、中田裕二。

秋月 琢登(あきづき たくと)[Gt]

出典Twitter

1990年9月27日 – 、作詞・作曲担当。大阪府出身。自主レーベル・JIJI RECORDSを運営するJIJI(Just Imagine. Just Idea.)代表。もともとは関西のライブハウスでブッキングマネージャーを4年程度やっていた。

滝口 大樹(たきぐち だいき)[Ba]

出典Twitter

1991年2月8日 – 、作詞担当。大阪府出身。好きなアーティストはaikoとLiSAで、シンガーソングライター・カヨコのベースも担当している。

西尾 健太(にしお けんた)[Dr]

出典Twitter

1987年9月16日 – 、作詞担当。大阪府出身。

経歴

2013年大阪にて「感覚ピエロ」結成。
直後、自主レーベル「JIJI RECORDS」設立。
これまでどこにも所属せずにバンドメンバー自身の自己プロデュースにて活動を続け、
2016年には宮藤官九郎脚本ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌に抜擢される。
2017年4月には「JIJI INC.」を設立し独自のスタイルで現在も活動中。

人気曲

拝啓、いつかの君へ


拝啓、いつかの君へ感覚ピエロ
ロック
¥250

ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌です。疾走感のあるエモいロックサウンドです!!サビにかけての盛り上がりと、ボーカルのハイトーンがさらに高くなるあたりがとても良いです!

歌詞の内容は、拝啓という言葉から現在の僕から昔の君への問いかけを綴った手紙をイメージさせるようなものです。普段は使わないような正義という言葉を用いていることから、何かしらのメッセージ性があると連想させられます。

Japanese-Pop-Music


Japanese-Pop-Music感覚ピエロ
ロック
¥250

ベース超カッコいい、リズム感のある乗りの良いエモいサウンドです!いやもうねベース最高!低音でゴリゴリのベースってヤバいな本当に!!

歌詞の内容はありがちなJPOPに対するアンチ的な感じですね。情報操作による流行廃りをディスってるんかなと勝手に想像しています。

A BANANA


A BANANA感覚ピエロ
ロック
¥250

8月7日=バナナの日ということでリリースされたMVです(笑)。何となく某バンド(ORANGE RANGE)を彷彿とさせるようなサウンドだと思うのは自分だけじゃないはず。キャッチーで耳に残るような、夏を感じさせるそんな曲です!!

歌詞の内容は、完全に下ネタじゃねーかよ(笑)。でも筆者はこの歌詞も含め乗りの良い感じ嫌いじゃないです!!

まとめ

いかがでしたか?
感覚ピエロについて紹介しましたー!

  • 疾走感、グルーブ感がある
  • エモーショナルロックサウンドを奏でる感覚ピエロ
  • 真面目な歌詞と下ネタの歌詞とのギャップが凄い
  • 2面性がクセになるようなバンド

これからもブレない活躍を期待しています!!

error: Content is protected !!