シェアする

エモいって何だ?って人に音楽的視点から解説してみる

シェアする

本日の記事も雑記的内容です。

エモーショナル(emotional)・エモいの意味

ちょいちょいTwitterとかでエモいって言葉使ってる人いると思うんですけど、きちんと理解して使ってるのかな?と疑問に思いまして、音楽的視点も交えながら解説していこうかと思います。

そもそも、エモいって言葉の語源は英語のエモーショナル(emotional)からきてるのですが、とりあえず単語の意味について理解しておきましょう。

引用:Weblio 辞書 英和辞典
形容詞
1〈人・性質など〉感情に動かされやすい,感情的な,情にもろい,感激しやすい.
例文:an emotional person 感情的な[情にもろい]人.
2〈音楽・文学など〉感情に訴える,感動的な.
例文:emotional music 主情的な音楽.
3(比較なし) 感情の,情緒の.
例文:an emotional decision 感情的な決定.

英語訳見てわかってくれたと思いますが、引用の2番目(感情に訴えかける、感動的な)が私たちが使っている表現になりますよね。
つまり、感動的な物や事に対して「エモいなこれ」といった使い方をする訳ですね。日本語的に言えば「情緒がある」って所でしょうか。造語ですが意味はきちんとありましたね。

エモいという言葉の歴史

エモいという言葉なのですが、ここ1~2年くらいでよく聞くようになったという方が多いのではないでしょうか?三省堂の今年の新語2016で取り上げられていることからも割と最近できた言葉なのかなって人が大半だと思います。

ですが、最近できた言葉ではありません。音楽シーンでは2000年頃から使われ始めていて、定着している言葉です。音楽関連でエモいって使い方をしている人は正しい使い方が出来ているはずです。

エモいという言葉ですが、どうにか言葉で表現したいけど何て表現したら良いかわからない。そんなときに使ってほしいと思います。音楽シーンでは、感情的な様、切なさ、物悲しさ、懐かしさ、といった込み上げてくる何とも言いがたい気持ちを表すのに使われているのです。感情や言葉では表現し辛い、そんな様をエモいという言葉を使う事で言い表しているのです。

個人的には正しい使い方をしてもらいたいなと思っています。表現の仕方なんて自由なのですが。

Twitterでのエモい

エモいっって検索してみたら、意外ときちんと使ってる人多かったので説明するまでもなかったかなと思いましたが、やっぱり理解してない人も多そうなので正しい物と間違った物についての例文を挙げてみます。

正しい例
○○ってバンドがエモい。
○○ってエモい映画だった。
○○のライブ楽しかった!超エモかった!

間違った例、良くわからない例
エモい1週間だったなー。(感情的な1週間だったのならすいません。)
エモいから○○しよ!(エモいから何なんだって話。)
エモすぎてエモい!(感情的すぎて感情的ってもうわかんないです。)

エモいって表現が多様化しているなと感じました。エモい=ヤバいみたいな感じの使い方している人も少なからずいました。うーん、何だかモヤっとするなー。

だけど、ヤバいって使い方自体が表現し辛い事に対して使ってるし、あながち間違ってはないのかもしれない。いやー、個人的には正しく使ってほしいけど、ありと言えばありですよね…。

まとめ

  • エモい=感動的、感情的なこと
  • 音楽シーンで良く使われる
  • 表現の多様化から、エモい=ヤバい、凄いと同意義
  • 自由に使えばいい

以上、エモいという言葉について解説させていただきました!

error: Content is protected !!