シェアする

太陽の塔に3Dプロジェクションマッピング!開催場所・期間と入園料は?

シェアする

どうも!バズえもんです!

今回は大阪万博で有名な岡本太郎氏作の「太陽の塔」に3Dプロジェクションマッピングで
デジタル投影がされるということで記事にしてみます!

そもそも筆者は大阪万博とか生まれてないんで知りません(笑)
何で知っているかというとアニメ「クレヨンしんちゃん」の
映画「オトナ帝国の逆襲」を見ているからです(笑)
いやー名作ですよね…おっと脱線してしまいました!
この作品中で大阪万博が出てくるんですよねー!

そんな20代の僕でも知っているような有名な建造物である「太陽の塔」に
3Dプロジェクションマッピングでデジタル投影されるんです!

とまぁ前置きはこれくらいにして
気になる開催期間や入場料金などをまとめていきます!

太陽の塔について

出典:Wikipedia

太陽の塔(たいようのとう)は、1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会(EXPO’70・大阪万博)の会場に、芸術家の岡本太郎が制作した芸術作品であり建造物である。岡本太郎の代表作の1つである。太陽の塔は、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も引き続き万博記念公園に残された。モデルは、岡本太郎が飼っていたカラス

大阪万博のシンボルとして有名な「太陽の塔」ですが
岡本氏の飼っていたカラスがモデルになっていたのは知りませんでした!
というかカラスを飼っていたっていうのが凄いなー!

太陽の塔について詳しく知りたい!って方は
Wikipedia見てもらったほうが早いです(笑)

「太陽の塔」3Dプロジェクションマッピング

出典:産経フォト

こちらが3Dプロジェクションマッピングです!
テーマは岡本太郎氏が見ている「夢」で「生命の樹」
などの岡本氏の作品がちりばめられているそうです!

僕はプロジェクションマッピング見たことないのですが
彼女や奥さんがおられる方は見に行かれると良いのでは?
僕は残念ながらどちらもいないので(泣)
機会があれば見に行きたいなとは思います!綺麗だし!

開催場所

大阪の万博公園です!

開催期間

2017年12月1日から12月25日まで、毎週末の金土日で開催されるようです!
開催期間中は万博公園は午後9時まで開園しています!

入園料

大人250円、小中学生70円です!

恐らくですが入園しなくても見れるはずです!

まとめ

「太陽の塔」3Dプロジェクションマッピングについてまとめました!

  • 太陽の塔について
  • 3Dプロジェクションマッピングのテーマ
  • 開催場所は万博公園
  • 開催期間は2017年12月1日から12月25日まで、毎週末の金土日
  • 入園料は大人250円、小中学生70円
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!