シェアする

消えた天才出演のプロ野球選手Iの名前は?野村監督が謝罪!?

シェアする

どうも!バズえもんです!

テレビ番組「消えた天才 〜一流アスリートが勝てなかった人 大追跡〜」の第2弾が今夜(2017年1月3日)に放送されます!

野村監督が25年ぶりに再開し、謝罪したいというプロ野球史上最高の天才投手Iさんが出演されます!

プロ野球史上最高の天才投手Iさんとは伊藤智仁(いとうともひと)さんです!

そんな伊藤さんがどんな方で、どういった球を投げる選手で、なぜ天才と呼ばれているのかなどなど調査してみました!

伊藤智仁(いとうともひと)について

出典:TBS番組表Wikipedia

野球界のレジェンド野村克也。そんな野村の60年のプロ野球人生の中で出会った最高の天才選手がいる。
その選手を入団させたいあまり、ドラフト当日にスカウトや球団とケンカしてまで獲得したほど。
しかしその選手は野村の起用法が原因で、入団わずか2ヶ月半で輝きを失うこととなる。
あれから25年…「あの時の事をずっと後悔している」と語る野村が25年の時を経て初めての謝罪!
「消えた天才I」の思いとはいったい?

プロフィール

名前:伊藤 智仁(いとう ともひと)
出身地:京都府京都市中京区
年齢:47歳(1970年10月30日)
身長:183cm
体重:85kg

現在の職業

東京ヤクルトスワローズ で2004年から2017年までコーチとして活躍していたようです!

現在2018年は富山GRNサンダーバーズで監督に就任されているみたいです!

選手情報

投球・打席:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:1992年 ドラフト1位
初出場:1993年4月20日
最終出場:2001年4月10日

本当にプロ野球選手としては短命な方だったみたいですね。

1993年から2001年までの実質3年程度活躍されていたようです!

スライダーはプロ野球史上最高とも評されている。

全盛期に伊藤の球を受けていた捕手の古田敦也は「あの高速スライダーは捕手だからなんとか捕球出来ているが、もし自分が打者だったら絶対に打てない」と評し、プロ野球評論家の青田昇は「プロ野球史上で本当のスライダーを投げたのは、藤本英雄、稲尾和久、伊藤智仁の三人だけ」と評価し、そして当時の監督だった野村克也をして「長いこと監督をやってきたけど、あいつがNo.1だよ」と言わしめた。

スライダーが得意なようでめちゃくちゃ球が落ちます

動画見てたら本当にすごかったです!まさに落ちる魔球といった感じです!プロ野球史上最高の投手とまで呼ばれる理由がわかりました!

下に伊藤選手のスライダーの動画まとめてみました!

伊藤選手のスライダー動画まとめ




野村監督が謝罪したいといっていたのは、伊藤選手にスライダーを多用させすぎて選手生命を短いものにしてしまったからだと思われます…。

僕は野球にそんなに詳しくないので、気になる方はテレビ番組「消えた天才 〜一流アスリートが勝てなかった人 大追跡〜」を観てください!

SANSPO.comでは

太く、短い野球人生「野村監督を恨むことなんてない」

といった記載があったことからも、野村監督との確執とかは全くないようですね!

まとめ

テレビ番組「消えた天才 〜一流アスリートが勝てなかった人 大追跡〜」に出演しているプロ野球史上最高の天才投手Iさんこと伊藤智仁さんについて紹介しました!

そんな伊藤智仁さんの当時のスライダーの動画などもまとめているので必見です!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする