シェアする

マツコ絶賛!とらやの和菓子はどこで買える?通販や販売場所まとめ!

シェアする

どうも!バズえもんです!

スノボ行きすぎてブログ更新サボり気味です(笑)

今回は2018年1月9日(火)放送の「マツコの知らない御三家和菓子の世界」で、「虎屋(とらや)」、「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」、「鶴屋吉信(つるやよしのぶ)」の3店が出演されるということで各店舗について調査してみました!

そして注目スべきは今までバラエティ番組に出演したことのなかった和菓子の老舗虎屋」が、「マツコの知らない御三家和菓子の世界」に出演するということです!

こちら「虎屋」さんですが、マツコさんが予告動画でも絶賛しているお店なので要チェックです!

マツコの知らない御三家和菓子の世界

出典:TBS番組表

案内役は美術ライター・エディターとして活躍する「和菓子こそ世界で最も美しい」と信じる女性、橋本麻里さん。
そんな橋本さんが御三家として選んだのが、創業およそ500年を誇る「虎屋」、384年の「両口屋是清」、214年の「鶴屋吉信」の3店。
それぞれが持つ味の特徴をわかりやすく、さらには一味違った楽しみ方をマツコにレクチャー。
そして注目すべきは、今までバラエティ番組には出ることのなかった「虎屋」が500年の禁断を打ち破り、その秘密を大公開する!

一応TBS番組表の「マツコの知らない世界」のサイトで、ざっくりとは紹介されていたのですが、プラスして僕が調査した情報もまとめておきます!

虎屋(とらや)

出典:Wikipedia

とらやの和菓子|株式会社 虎屋
室町時代後期、京都で創業した和菓子屋「とらや」のオンラインショップです。「とらや」を代表する羊羹や季節の生菓子の情報、和菓子にまつわる歴史・文化、店舗の情報、イベントのお知らせなどを随時更新しております。

とらやは室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。
後陽成天皇の御在位中(1586〜1611)より、御所の御用を勤めています。
明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して、京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。

下の写真が、虎屋の羊羹の1つ「夜の梅」です!商品紹介でも一番最初にきていたので、虎屋定番の羊羹だと思われます!

種類がいくつもあるため、気になる方は公式サイトを御覧ください!

ちなみに、マツコさんが動画内で食べていた下の写真は「きんとん製」というお菓子で、所謂きんとんです!

こちらは生菓子のため残念ながら通販などでは買うことができませんので、食べたい方は店舗に行ってお求めください!

「あんこを食べてるんだ」

「脳にガーンとくる」

「虎屋のあんこはうまい!」

「羊羹は虎屋の食ったら他のは食えない」

マツコさんが絶賛していた虎屋の和菓子や羊羹は、各虎屋の実店舗や楽天市場で購入することができます!

以下にページをまとめておきました!

両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)

出典:Wikipedia

名古屋の老舗和菓子|両口屋是清

1634年(寛永11年) – 初代の猿屋三郎右衛門が那古野本町(現名古屋市)で饅頭屋を開業。
1934年(昭和9年) – 株式会社両口屋是清設立。

番組放送前のため、どんなお菓子が紹介されるかわからないので、とりあえず銘菓の購入できる場所をまとめてみました!

鶴屋吉信(つるやよしのぶ)

出典:Wikipedia

京菓匠 鶴屋吉信

鶴屋吉信には、代々伝えられております家訓があり、その中に「ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事」 という一条がございます。おいしい菓子をつくるための戒めであり、哲学であります。

「どこよりも美味しい菓子を」 「心よりよろこんでいただける京菓子文化を」 を合言葉に、材料を選び、製法を磨き、骨身を惜しまず、 妥協を許さない企業風土の樹立をめざして 全社一丸となって精進しています。

番組放送前のため、どんなお菓子が紹介されるかわからないので、とりあえず銘菓の購入できる場所をまとめてみました!

まとめ

2018年1月9日(火)放送の「マツコの知らない御三家和菓子の世界」で、「虎屋(とらや)」、「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」、「鶴屋吉信(つるやよしのぶ)」が紹介されました!

各店舗の紹介や和菓子・お菓子がどこで買えるのかをまとめています!

マツコさん絶賛の「虎屋」の和菓子や羊羹、きんとんを是非ご賞味ください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする