シェアする

大杉漣の死因や病名は何?以前から身体の調子が悪かった!?

シェアする

どうも、バズえもんです。

俳優の大杉漣(おおすぎれん)さんが死去されました。ご冥福をお祈りいたします。

ニュースを見てて気になったのが大杉漣さんは以前から病気だったのかどうかと、死因となった病名はいったいどういったものなのだろうと思ったので調査してみました。

大杉漣さんについて

出典:Wikipedia大杉漣公式ブログ

プロフィール

本名:大杉 孝(おおすぎたかし)
生年月日:1951年9月27日(66歳)
出身地:徳島県小松島市
身長:178cm
血液型:B型
職業:俳優
事務所:ザッコ

偉人群像から社会の底辺に生きる人物、公安刑事から体制破壊主義者、堅実なサラリーマンからホームレス、学校長からヤクザ、好人物から偏狭な人物、誠実な父親・夫から退廃的な不良中年、精神異常を思わせるサイコ色の強い異常人格から変態[6]・エロ系の人物まで、様々な役柄を演じ、「300の顔を持つ男[4][10]」「カメレオン」などの異名を得る。

結構いろいろなドラマでお見かけする俳優の方ですよね!しかも役柄がかなり幅広い!Wikipediaの引用からもわかるように多種多様な役を演じられていることから「300の顔を持つ男」、「カメレオン俳優」といった異名を持っておられます!

死因となった病名について

出典:Wikipedia

ニュースなどの報道では急逝とあったように急性心不全(きゅうせいしんふぜん)が原因で亡くなられたようですね。

急性心不全については以下の引用をご覧ください。

急性心不全においては、心機能の低下が代償可能な範囲を上回り、急激な低下を示すことから、血行動態の異常は高度となる。なお、左心不全が多い。

症状としては、呼吸困難、ショック症状といった急性症状が出現する。

ですので、以前から何か病気を患っていて身体の調子が悪かったといった様子ではなかったようで、大杉漣さんのブログを見るとわかるようにほんの数日前まで元気な様子でした。

まとめ

大杉漣さんは以前から病気だった訳ではなく、急性心不全という病気が原因となって急逝されたようです。

数日前まで元気な様子だったのに本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ