坂口憲二の病気の名前は?難病が原因で芸能活動休止!?

シェアする

坂口憲二の病気の名前は?難病が原因で芸能活動休止!?

シェアする

どうも!バズえもんです!

俳優の坂口憲二(さかぐちけんじ)さんが無期限の芸能活動休止を発表されましたね。

ここ最近テレビドラマなどで俳優として活動しているのを全く見かけなくなっていたのですが、どうやら国指定の「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」難病を患っていたようです。

栄養のなくなった骨が壊死(死んでしまう)病気のようで、昭和の歌姫である美空ひばり(みそらひばり)さんも患っていた難病のようですね。

3年程前から療養をしていたようで、現在はかなり症状が改善されてきていて日常生活には支障がない程になっているようです。いつか芸能活動が再開出来るようになることを願っています。

そんな「特発性大腿骨頭壊死症」とはどういった病気なのか調査してみました!

特発性大腿骨頭壊死症について

引用:Wikipedia

股関節の病気のひとつで、大腿骨の上端の大腿骨頭の骨組織が壊死し、関節が変形・破壊する病気であり、このうち原因がはっきりしないものをいう。厚生労働省の特定疾患に指定されている。医療費の患者自己負担分について公的な助成(公費負担医療)を受けることができる

国指定の難病ということもあり医療費については助成金が出るようですね。また、原因がはっきりしないことが難病と言われている所以なのかもしれませんね。

症状

初期においては、歩行時、階段の昇降時などに痛みを感じる。進行すると安静時においても持続的な痛みがあり鎮痛剤が必要となる。また変形にともない関節の動く範囲が狭くなったり、跛行(はこう、足を引きずって歩く事)を生じたりする。

坂口さんもリハビリをして日常生活が送れるように回復したとあったように、やはり痛みがあり歩く動作、階段を上る動作など、大腿骨付近を動かすような動作をするのがキツくなるようですね。

まとめ

俳優の坂口憲二(さかぐちけんじ)さんが無期限の芸能活動休止を発表されました。

どうやら国指定の「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」難病を患っていたようです。

そんな難病である「特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ