シェアする

下村元文科相の夫人(妻)や家族が気になる!自宅の場所はどこ?

シェアする

どうも!バズえもんです!

福田淳一事務次官のセクハラ問題で

また新たな問題が起きてしまいましたね…。

福田淳一氏については以下の記事からどうぞ。

福田淳一財務次官の年齢は何歳?親や嫁などの家族構成が気になる!
どうも!バズえもんです! なんか最近政界関連での話題がかなり多いですね。 しかも悪い話題ばかり目立ちますね......
福田事務次官のセクハラ被害者の女性は誰?画像や写真はあるの!?
どうも、バズえもんです。 福田淳一氏のセクハラ発言問題に進展が! セクハラ問題についてですが、 福...

今回は福田淳一氏ではなく、

元文科相の下村博文(しもむらはくぶん)氏が

セクハラ被害者に対して犯罪者扱いを

したことが問題となり謝罪する流れに…。

立場的にも発言には注意を払う

必要があるにもかかわらず、

被害者女性に対しての配慮が全く無く

人としてどうなんだろうという感じですよね…。

政界はどうなってるんだろうという

何だか先行きが不安になるような

問題ばかりで嫌になりますね…。

下村博文元文科相について

引用:Wikipedia

プロフィール

名前 下村博文(しもむらはくぶん)
生年月日 1954年5月23日(63歳)
出生地 群馬県高崎市(旧:群馬郡倉渕村)
出身校 早稲田大学教育学部
前職 学習塾経営者
所属政党 自由民主党
称号 教育学士(早稲田大学 1979年)

名前見たとき

しもむらひろふみかと思っていました。

はくぶんと読む方はめずらしいですね。

詳しくはWikipediaを見てもらえばわかるのですが

政治献金問題で、新興宗教などの

宗教団体から献金を受けていたことや

以前から話題となっている家計学園問題で、

家計学園から献金を受けていたという噂も

あるようですね…。

下村氏は事実ではないと否定していた

そうですが、実際の所はわかりません。

家族について

下村氏は結婚されていて

嫁の下村今日子夫人と

息子さんがおられるようです。

息子さんの情報はありませんでした。

嫁の下村今日子夫人について

引用:CHIHOJO

下村今日子さんという方で、安倍昭恵夫人と共に、加計氏と非常に親しい間柄だそうです。

13年3月から広島加計学園の教育審議委員を勤めていると言います。

下村今日子夫人について調べていると

様々なところで家計学園からの献金について

見受けられますね…。

セクハラ被害者に対しての発言について

引用:Yahoo!ニュース

自民党の下村博文元文部科学相が22日、セクハラ問題で更迭された財務省の福田淳一事務次官とのやり取りをテレビ朝日の女性記者が録音し週刊誌に渡したことについて、講演会で「ある意味で犯罪だと思う」と述べたことが分かった。下村氏は23日、謝罪して撤回するコメントを発表した。

下村氏はコメントで、記者の取材方法を「取材倫理違反であると思う」として疑義を呈した上で「ある意味犯罪」の発言について「表現が不適切だった。素直に撤回するとともに謝罪する」とした。

被害者女性が行った録音については

自身の身を守るための行動だったはずです。

それを上司に報告しても対応してもらえず、

週刊新潮に音声を渡す流れとなったことは

女性に責任はないはずだと僕は思います。

しかし、その行動に対して下村氏は

「ある意味で犯罪だと思う」

という発言をしていました。

軽率だとしか思えない発言ですよね…。

その後、発言を撤回・謝罪し

「取材倫理違反であると思う」という

発言に言い直してはいますが…。

言ってしまったら問題になると

思わなかったのでしょうか?

本当に軽率な発言ですよね…。

下村氏の自宅の場所は?

これについては検索してみると

下村博文 自宅 板橋区

という検索ワードがありました!

どういうことかというと

1985年東京都議会議員選挙で

東京都議会議員として当選した時に

板橋区内各駅に立つ活動をしていた

という情報がありました

このことから板橋区に自宅があるのでは?

という予想はできましたが、

1985年というとかなり前のため

現在は都内のどこか別のところに

住まれている可能性が高いです。

まとめ

下村博文元文科相が、

福田淳一事務次官のセクハラ問題の

被害者に対しての犯罪行為発言が

問題になり謝罪していました。

そこで、下村博文元文科相とは

どんな人物で、家族の構成や

自宅の場所などについて

分かる範囲で調査してまとめました!

  • 下村博文氏は嫁と息子がいる
  • 嫁は下村今日子さん
  • 家計学園問題とのつながりがある
  • 献金疑惑が何度かある
  • 自宅は以前は板橋区にあった可能性がある
  • 現在の自宅は都内のどこかである可能性が高い
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ